研究内容

ゲノム工学

 
  • 遺伝子組換え技術の開発と応用
  • 可変型遺伝子トラップクローンの解析
  • 日本産野生マウスMSM/Ms由来ES細胞を用いたミュータジェネシス

我々は、Cre/変異loxシステムを用い、マウスES細胞で任意の遺伝子をゲノム上で自在に操作する技術を開発、効率よく遺伝子操作マウスを作出している。変異loxを用いた可変型遺伝子トラップベクターを構築、得られたクローンは、遺伝子機能喪失だけでなく、機能獲得にも利用できる。これに、我々の樹立した日本産野生マウスMSM/MsのES細胞を用いることで、新たなゲノム機能の発見を目指している。

(担当:准教授 荒木喜美) 研究業績はこちら
詳細はこちら

 

発生遺伝

 
  • Sd/Skt遺伝子と尾部退行症候群

~尾部退行症候群の発症メカニズムを解明し、関連するヒト疾患の病態を解明する~
Danforth’s short tail (Sd)変異マウスは、脊椎欠損、鎖肛、腎臓欠損を示し、尾部退行の疾患モデルマウスである。この変異マウスの解析は、脊椎、直腸/肛門、腎臓の正常発生の理解に役立つだけでなく、尾部退行症候群と関連するヒト疾患の病態解明に絶好のモデルマウスと考えている。現在この変異マウスを通して尾部退行症候群のゲノム変異、原因遺伝子、関連分子メカニズムの解明に取り組んでいる。

(担当:博士研究員 仙波 圭) 研究業績はこちら
詳細はこちら

 
PAGE TOP